ホーム > 七五三 > 七五三 舞妓スタイル
七五三 舞妓スタイル 京都・祇園の伝統美

【舞妓とは?】

舞妓とは、今から300年ほど前から始まり、京都の祇園などで歌や踊り、三味線などの芸で宴席を楽しませる芸妓さんの見習い修行中の10代の女性のことを言います。

自髪で日本髪を結い、華やかで可憐な花かんざしをつけ、だらり帯ぽっくりの下駄をはくなど、派手やかな格好で、京都や日本の伝統美の象徴的な存在となっています。

スタジオタカノは、その姿にこだわって、七五三に再現しました。
他にはない七五三を体験してみませんか?

七五三 舞妓スタイル 抹茶舞妓01
七五三 舞妓スタイル 抹茶舞妓02
七五三 舞妓スタイル 抹茶舞妓03
七五三 舞妓スタイル 黒舞妓01
七五三 舞妓スタイル 黒舞妓02
七五三 舞妓スタイル 黒舞妓03
七五三 舞妓スタイル 桃舞妓01
七五三 舞妓スタイル 桃舞妓02
七五三 舞妓スタイル 桃舞妓03
七五三 舞妓スタイル 紫舞妓01
七五三 舞妓スタイル 紫舞妓02
七五三 舞妓スタイル 紫舞妓03
七五三 舞妓スタイル 空色舞妓01
七五三 舞妓スタイル 空色舞妓02
七五三 舞妓スタイル 空色舞妓03
七五三 舞妓スタイル 抹茶舞妓04
七五三 舞妓スタイル 紫舞妓03
七五三 舞妓スタイル 赤舞妓01
七五三 舞妓スタイル 赤舞妓02
七五三 舞妓スタイル 赤舞妓03

※各写真はクリックすると拡大して大きな写真で見ることができます

※その他の画像を見たい方はこちら→七五三 舞妓 フォトギャラリー

舞妓スタイルと通常の着物との違い

舞妓スタイルと通常の着物との違い(後ろ姿)

舞妓スタイルと通常の着物との違い(前姿)

この二人は、同じ女の子です。
ぽっくりを履いて、舞妓スタイルになると 凛とした、かすかな緊張感がでて、より大人っぽさを感じます。
スタイルが違うだけで、こんなに変わるものなんですね♪

京都スタイルの追求

『地毛で日本髪を結い上げる』京都にはないスタイルを貫きながら、小物使い着付けなど忠実に本式のスタイルを再現しています。

2015年2月には、舞妓を体験しに、スタッフみんなで京都にいってきました。本場京都の方にもお墨付きのスタイルです。

舞妓スタイル髪型

舞妓スタイルの『品』と『色気』

日本髪の鬢(びん)の作り方、後ろの襟の抜き方、メイクなどのこだわってスタイリングします。

そして、大切なのが、撮影時の目線です。黒目の微妙な動きで『品』と『色気』が漂います。

10,000人以上舞妓を撮り続けた 京都のフォトグラファーから伝授された技です。

七五三7歳 舞妓スタイル目線その1
七五三7歳 舞妓スタイル目線その2
七五三7歳 舞妓スタイル目線その3

 

舞妓スタイル 衣装

舞妓スタイル 衣装(3着)ー黒舞妓・桃舞妓・紫舞妓

舞妓スタイル 衣装(3着)ー黒舞妓・桃舞妓・紫舞妓

店長の想い

スタジオタカノ小岩 高野明

スタジオタカノは、『舞妓スタイル』を和の伝統美の象徴と考えます。

ここ数年、『本格的な舞妓スタイルをしたい!』というご要望が多かったので、 タカノだけの『完全オリジナル舞妓着物』を追加し、『選べる舞妓スタイル』を実現しました。

そして、七歳さんやお母様にも喜ばれる『舞妓スタイル』をめざし、工夫を重ねました。

京都に行かなくても『舞妓』になれます!! スタジオタカノで『オンリーワンの舞妓スタイル』を体験してみませんか?

七五三 舞妓スタイル お客様の声

七五三 舞妓スタイル お客様の声 姉妹で舞妓になりました

七五三 舞妓スタイル お客様の声 こんなにかわっちゃうなんて

七五三 舞妓スタイルよくある質問

舞妓スタイルをするときの髪の長さは?

タカノは、地毛で結い上げます。
通常より、サイドの鬢(びん)や前髪を大きめに作りますので、前髪は、鼻全体が隠れるくらい、後ろ髪は、肩甲骨が隠れるくらいが理想です。
それより短い場合は、髪の量や質によって結い上げやすさもありますので、お気軽にご相談ください。

七五三 舞妓スタイル 料金・セットについて

七五三舞妓スタイル 料金・セットについて

料金早見表

七五三舞妓 撮影料+プリント料金

七歳の着物『正絹』

七五三 七歳 正絹

こちらの七五三特集ページもぜひご覧ください

特集:七五三日本髪のすすめ
特集:七五三手結び帯のこだわり
特集:七五三舞妓スタイル
特集:七五三あんみつ姫スタイル
特集:七五三男の子
特集:七五三鎧兜のすすめ
特集:七五三三歳女の子
特集:七五三家族写真
特集:七五三 十二単スタイル
七五三 正絹
お持込着物
レンタル着物
七五三 Dress
1/2成人式
七五三お役立ち手引き

スタジオタカノの七五三についてはこちら

七五三 日本髪のすすめ